−NMCAA−
Ascension Star Gate
Mebius
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
シリウス

 シリウスとは?

では、シリウスとは皆さんが3Dで観測しているものは、

「オリオン座α星ベテルギウス、こいぬ座α星プロキオンとともに冬の

大三角を形成する。

シリウスは、シリウスA及びシリウスBの2星からなる実視連星である。

かつては一つの星
と考えられていたが、1844年にドイツの天文学者

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセル
が軌道の揺らぎを観測し、伴星の

存在を推定。のちにシリウスBと呼ばれるその伴星の姿は、
1862年1月

31日にアメリカの望遠鏡製作者アルヴァン・グラハム・クラークによって

初めて
観測された。

実視連星といっても、主星(シリウスA)と伴星の光度差が極めて大きく、

また近くにある
め、伴星が主星の光で遮られてしまい、小さな望遠鏡で

伴星を見るのは無理である。なお、
伴星シリウスBは最初に発見された白

色矮星である。

この連星系は太陽系から5番目に近い恒星である(但し、連星をひとつと数

える)。」

ですね^^ BYウィキペディア


しかし!!詳細は近々出版予定ですが、この地球世界と高次とのスター・ゲートに位置

します。

実は肉眼で見えない「シリウスC」こそが重要な鍵となるります。

言いたいな〜。

でも私から伝えるより素晴しい方のコラボ執筆が近々出版されるので、お楽しみにしてく

ださい
ね^^

では、今言える範囲?でと。

答えは、既に書いてしまってるんです!

わかりますか?

正式なアセンションルート(NMCAA宇宙MAP)。

本来ならば、会員オンリーですが少し紹介しますね。・・・NMCAAは営利団体では

無いので、
少しくらい良いですね^^・・・

上記のまだ公表されていない「シリウスC」=巨大恒星が重要なのです。

高次の存在が地球に繋がるゲートなのです。

少し詳しい方は、この星が太陽系の太陽に影響を与え、フレアーを拡大している事も

ご存じ
かと^^


こちらに立ち寄られた方は、ほぼここを通って導かれています。

物事に偶然は無いのです。

みなさんは、選んでこの星にやってきました。

そうして、この新宇宙完成のための国、日の元へ選ばれてきたのです。

この重要な時期に日の元へ生まれてこれる確率は、天文学以上だそうですよ^^

自覚しましょうね。

さて、すぐ横道にそれてしまうのですが^^;)

前向きにこのページをご覧になられている方は、おそらくかなりの準備ができて、シリウス

を通過して着ています。

更に奥は、アンドロメダ。宇宙最古の銀河です。・・・言って良いかな〜^^;)

その奥に天界の愛の根源、アインソフがあります。・・・まっ良いか^^

※この度の新宇宙創成のため、いくつかのルートは用意されましたが、やはりこれが

本筋なだ
と感じております。

神界との繋がりが根本ですが、それを達成させて下さるのが天界。

天界のサポートなくしてアセンションは困難です。(※アセンションは後述します)

本筋を開ける方々を是非、募集しております!

私もまだまだ勉強中ですが・・・^^;)

共に学びましょう! 明るく元気で、わくわくと!!

要するに、シリウスとはゲートであり、サナート・クマラ(地球を今全力MAXでサポート

して
くださっているマスター)のヴァィアマスの分身です。同じく国常立もしかり。

皆さんまず、シリウス領域をクリアーに意識を向けて下さい!!

そうして、3・4次元を超え5次元へ!!!

5次元が今後のキーワードとなりますよ^^

 

- / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nmcaa-mebius.jugem.jp/trackback/4